2022 09/17  No0112

マタマタ暗い話になってしまう。
ウクライナからの農産物の輸出が8月再開され、
世界の食料危機への懸念は緩和されたかのよう
な印象を受けるが、国連のWFP=世界食糧計画
の担当者は「来年は世界の人口を養うために十分
な食べ物がない状況に陥る可能性がある」と述
べた。
農業が盛んな東部が戦いの前線となっていて、
農家も兵士となって戦闘に加わっている」
又、世界の異常気象により例年通りの作物の収
穫量が確保出来ない予想。

先日のTVである外国人が「私の国では子供を
沢山産んでその子達が大きくなれば親は子供達
からお金をもらって生活する」と言っていた。
子供達が皆仕事があり充分な稼ぎがあればいいけ
どそう上手くはいかないだろう。
多くの貧しい国は十分な食料が無く飢えに苦しん
でいる。
「世界中の女性が多くても子供は三人までしか産
まないければ段々と世界人口が減りもっと住みや
すい地球になるだろう」こんなことを書けば多く
の批判が集まるだろうな。