2022 11/26   No0122

またまた暗い話題で申し訳ないがこの問題は何よりも
日本が優先して取り組むべきものだ。
「世界で最初に飢えるのは日本、食の安全保障をどう
守るか」という本を東大教授が出版した。
米国ラトガース大学の研究者らが局地的な核戦争が勃発
した場合、直接的な死者は2700万人だが「国際物流停止
による世界の餓死者が日本に集中する」と言う衝撃的な
研究があった。
「核の冬」による食料生産の減少と物流停止による2年後
の餓死者は世界の餓死者の約30%の7200万人が日本人と
推定した。
37%の自給率と種と肥料の海外依存度が高い日本に死者
が集中する、核被爆でなくとも物流停止が日本を直撃する。

現在の日本は野菜の種子を含め肥料、エネルギーの多く
を輸入することで成り立っている。肥料の3要素は窒素、
リン酸、カリ、米作りに必要なリン鉱石も100%輸入、
農業機械を動かすエネルギーも漁船を動かすエネルギー
、そしてそれらを運ぶにもエネルギーも輸入。日本は米が
あるから米を食べればと言う人がいるが米作りも外国から
肥料・石油等が入ってこないと成り立たない事を忘れて
いる人が多い。鶏のヒナはほぼ100%が輸入
兎に角、出来るだけ地産地消を心がけて欲しいものです。

日本には納品期限ルールがある。
食品業界の3分の1ルールとは、製造日から賞味期限までの
期間を3等分し、最初の3分の1がメーカーから小売店に納品
する「納品期限」次の3分の1が小売店で販売出来る「販売
期限」となっていてこんなに短いのは日本の特徴、このルール
で返品され廃棄される金額は年間約809億円 と言われている。
アメリカは2分の1,フランスは3分の2,イタリアも3分の2
日本はこの様にまだまだ食べられる食品をお金を掛けて廃棄している。
昔は食べてみて腐っていれば吐き出していたものである、
その時に返れとは言わないが3分の1ルールはすぐに見直
すべきだ。
11/22、いい夫婦の日にお気に入りのレストランでランチ
こんなに美味しいものを未来永劫食べれる様に日本を改革
して欲しいものです。
2022-1122-かつかつS