2022 08/06   No0106

1945年8月6日午前8時15分、アメリカ軍のB29爆撃機エノラ・ゲイが、広島市上空約9600メートルで世界初の原子爆弾リトルボーイを投下し、上空約600メートルで爆発した。

広島市街(当時広島市の人口は約35万人)は壊滅し、1945年12月末までに約14万人が死亡したと推計されている。 

77年たった今でも核兵器を使用しようと企んでいる国がある。
何故、他国に侵攻して大勢の兵や市民を殺し又自国の兵士が殺されても平気なのだろう?
人類がこの世に出現してから殺し合いはいまだに続いている、世界中が戦争のない平和だった年ってあるのかな?

明るい未来があるとすれば、たぶん40年後位には完成すると思われる「宇宙太陽光発電」宇宙から地球にマイクロ波等で電気を送り世界中の国すべてに安く電気を供給する、世界中の家庭で電気が使い放題、すべての車が電気自動車、100階建て位のビル全部を電気を使い野菜工場に、海水を電気で真水に、それを内陸国までポンプ輸送する、砂漠を緑地に、そうするとロシアの天然ガスや中東の石油等々がほとんどいらなくなり地球も綺麗になる。
ただ世界人口はもっと減らさねばならない。

以前にも書いたがこの分野では日本が世界をリードしている様なのでもっとお金をつぎ込んで研究して欲しいものです。